紫外線対策の最近のブログ記事

紫外線が強くなる季節になると「光老化」という言葉を聞くことが多くなります。シミやくすみ、シワのような肌の老化のほとんどがこの紫外線が原因といわれています。

光老化からお肌を守るには、毎日のUVケアが必要になってきます。紫外線防止効果のあるスキンケアを使用するときにはUV-B波とA波から守る表している「SPF」と「PA」の表示に注意してみてください。「SPF」の数値は30まで「PA」は「++」で十分といわれています。

また、使用するときには、日焼けしやすい鼻の頭や頬骨の辺りは入念に塗ったり、汗や皮脂でメイクが落ちたときなどは塗りなおすように心がけましょう。

特に夏場は洋服などで隠れにくいので、アスファルトの照り返しなどによる紫外線の受けやすいい首まわりや耳の裏も忘れないようにしましょう。



バイクの廃車手続き 事故車廃車手続き

ミスト散布で気温低減効果

大阪市水道局がヒートアイランド対策の一環として進める水道水を霧状にしてまく「ミスト散布」が18日、同市中央区心斎橋の世界陸上プラザなどで始まったそうです。

この霧状にしたミスト散布は水が気化する際に周囲の熱を奪う原理を利用するのだそうで、驚くことに日中で最大9度、平均3度の低減効果が確認されているようです。

平均3度ってすごくないですか?確かに水を撒いたり、顔に霧吹きをしたら少しひんやりするような気もしますがね。

ヒートアイランドなんて言葉が出てきたのもコンクリートジャングルが原因だと思うので、もっと緑を増やすような努力もしてほしいなと思います。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070618-00000031-san-soci



..風水の部屋 風水と部屋 風水インテリアで運気アップ

以前に冷却ベストという、着て涼しくなる製品をご紹介しましたが、今回は塗って冷やす製品をご紹介します。

スポーツウエアなどの大手メーカー、デサントから、エアゾール製剤「クーリングジェット」が今月の15日から発売されるということです。

現在、スポーツ界での暑さ対策は常識になりつつありますよね。サッカーの中継でも吸水する選手の姿をよく見かけます。暑さは非常に体力を消耗しますし、熱中症など体調不良の原因にもなりますからね。暑さに対するケアは万全にしたいものです。

そういうことで、「クーリングジェット」は持ち運びが楽で、使い方も簡単な暑さ対策製品ですよ。使用方法は、缶を振って冷やしたい箇所に押し付けるだけ。これだけで簡単にクールダウンできます。以前まではタオルを濡らしたり、氷を準備したりと手間がかかりましたけどね。

デサントの「クーリングジェット」は、1,575円で本日より発売されるそうです。

紫外線カットの機能もあるということですから、スポーツ以外にレジャーや仕事などにも便利です。現在の地球環境を考えれば、外出時のバックの中に1本は常備しておきたい製品といってもオーバーじゃないと思いますよ。どうでしょうか。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070613-00000008-maibz-ind


内職手作業 在宅ワーク内職探し

全世界でオゾン層の破壊が問題になってから、紫外線に対する考え方が変わった方も多いと思います。強い紫外線を浴び続けていると、皮膚ガンや白内障になる確率が高いとか…。怖いですね。

しかし、紫外線ケアのクリームや化粧品などもドンドン進歩していまして、各メーカーが紫外線対策に重点を置いているということがよくわかります。

今月の11日ですけれども、資生堂が申請した紫外線吸収剤が、厚生労働省が定める、化粧品に使用できる成分リスト「ポジティブリスト」というのに収載されたそうです。

収載された紫外線吸収剤とは、スイスの化学品メーカー、チバ・スペシャルティ・ケミカルズが開発した「チノソーブS」というトリアチン系化合物だそうでして、これまでの紫外線吸収剤より性能が良いとのこと。

「チノソーブS」には紫外線のUVAとUVBの両方を吸収する成分がありまして、ヨーロッパではすでに化粧品に使用されているようです。資生堂でも今後日焼け止め製品などに使用する予定で、チバ社と協同で日本の法規に対応した日本人向けの製品を開発中だそうですよ。

詳しい成分についてはわからないですけど、資生堂さんも手応えを感じているようですし、機能に優れた画期的な製品ができることでしょう。期待していますよ。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070612-00000017-fsi-ind


デトックス足デトックス サプリメントデトックスの効果

まだ6月だというのに暑い日が続きますね。昼間、ちょっと外を歩いただけで汗がダラダラ、皮膚はジリジリ。もう、どうにかしてって感じです。

でも、いい商品を見つけました。ユニチカテキスタイルの「冷やしてMe(みぃ~)」というインナータイプの冷却ベスト。背中と胸部、首筋部分に冷凍の保冷パックが装着できるので、紫外線の強い真夏の昼間でもヒンヤリ涼しく長袖シャツが着られます。

「冷やしてMe」は去年の7月に発売され、高温作業時や高温作業現場での使用を主とした冷却ベストです。冷却作用の他に、快適性と安全性を兼ね備えていて、発売と同時に大反響を呼んだそうですが、女性でも抵抗感なく着用できるものをといった、改善に関する要望も多数あったみたいですね。

そういうことから、今年は大幅に改良された「衿付きタイプ(DX100)」と「衿無しタイプ(ST200)」の2タイプが今月11日から発売になりました。去年発売の物に比べて重量が約15%~16%軽くなり(ST200は620g)、冷却持続時間も約1.5倍(外気温37℃に対して2~3時間)に延びたということですから、スポーツやレジャーなどにも気軽に使えて便利ですよね。それに、長袖を着ても蒸れませんから、紫外線が気になる女性にもお勧め。

今年の夏は暑い日が続くと予想されていますから、外で仕事をされる方はもとより、レジャーや日中ちょっとした外出などに利用されてはいかがでしょうか。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070607-00000006-maibz-ind

紫外線対策は目も重要なポイント

夏のレジャーといえば海と山。海と山といえば紫外線。紫外線といえばサングラス。ということで、凄く強引ですが今回はサングラスのご紹介です。

6月中旬よりオークリー直営店と全国取扱店において、サングラスブランド「OAKLEY」(オークリー)のレディースアイウェアから新ラインの「Disobey」と「Behave」が発売されるそうです。

「Disobey」(ディスオベイ)は、奔放で野生さをデザインコンセプトに豹柄をイメージ。異色のレイヤーを組み合わせたフレームが特長です。さらに、「ジャパンフィット」という日本人の骨格に合わせた作りになっているので、長い時間掛けても疲れにくく、大きめのレンズサイズで視界も快適。

「Behave」(ビヘイヴ)は、上品でテキスタイルをモチーフにしたデザインを施しています。アビエータースタイルのレンズシェイプは風や紫外線の侵入を防ぎ、華やかなフレームがオシャレ度をアップ。

ファッション性と機能性、「OAKLEY」ならではのセンスでまとめた両ライン。仕事に遊びに、幅広い用途で使えます。..

紫外線対策は目も重要なポイント。海と山、そして菜園を愛する私にとっては必需品です。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070610-00000001-fash-fash

健康で魅力的な唇が一番

顔の印象で唇は重要なポイントの一つですよね。ノーメイクであっても唇が薄くてカサカサしているより、しっとりとしてツヤのあるほうが凄く印象が良いです。

そういうことで今回ご紹介するのは、塗るだけでツヤのある美形な唇に整え、紫外線からも守ってくれるメディカルコスメ「SAL29バイオクリスタル」です。

「SAL29バイオクリスタル」には、コラーゲンの生成を促す成分が配合されているのでハリと弾力のある唇を実現し、特許取得成分「PAL-GHK」とパールエキスによってふっくらとしたボリュームのある唇に整えます。さらに、肌の大敵である紫外線から守るサンスクリーン効果もあるので、これから夏に向けて打って付けのハイリッチリップクリームです。

「SAL29バイオクリスタル」は、4g・3,570円で絶賛販売中。

唇を奇麗に見せ、紫外線から守る効果のほかに、形まで整えるというのは凄い。ふっくらとしたツヤのある唇は女性として魅力を感じますからね。顔の印象が変わりますよ。

ただし、唇の形については1ヶ月以上使って効果があるということなので、焦らないで下さい。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070608-00000003-fash-fash

男性も日傘で紫外線対策を

オゾン層の破壊によって、強い紫外線が社会問題化されている今日この頃ですが、あなたの紫外線対策は万全ですか?これといった肌ケアもせず強い紫外線を浴び続けていると、肌荒れやシミなどの肌トラブルどころか最悪の場合、皮膚ガンを発症する可能性があります。それだけは避けたいですよね。

特に男性は女性のように普段から肌の手入れをされている方は少ないでしょうし、今さら肌のケアは面倒だ、と思ってらっしゃる方もおられると思います。ですが、何もしないより、小さな事からコツコツと始めてみてはいかがでしょう。

沖縄で7日、県民広場で「沖縄日傘愛好会(渡口彦邦会長)」による「男性の日傘利用促進パレード」が行われまして、熱中症予防や健康維持を目的に、男性への日傘の使用を呼びかけたそうです。

参加者たちは、色とりどりで内側に景色が描かれたオシャレな傘、雨天でも使える兼用傘などを差しながら、道行く人に日傘の良さをアピール。渡口会長は「健康と美容のために、男性も日傘を差そう」と、日傘による紫外線対策を訴えていたということです。

「日傘はなあ…」って、思っている男性はいるでしょうけど、健康のことを考えれば、そんなこといっていられないかもしれませんね。そろそろお父さん方も、面倒くさがらず真剣に紫外線対策に取り組んでみてはどうでしょうか。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070607-00000016-ryu-oki
4日、カネボウ化粧品は、「タイトジャンクション(TJ)」が
紫外線を受けると機能が低下してしまうメカニズムの解明に成功したことを発表しました。

同社が、TJが紫外線によってどのような影響を受けるのかを研究した結果、紫外線がTJを生成するための酵素「活性型Racl」「aPKC」の働きを弱めて、表皮に出ようとする水分を遮断する機能を大幅に減少させてしまうことがわかりました。

TJは細胞と細胞をつなぐタンパク質の一種で、バイ菌を遮断しながら必要な細胞だけを通す機能があり、保湿効果に優れ、乾燥から肌を守ってくれる働きをします。しかし、紫外線を浴びることで、TJを生成する酵素の働きが弱くなり、保湿能力が落ちてしまうのです。

カネボウ化粧品ではこの研究結果を得て、酵素の働きを改善させた新しい基礎化粧品の開発に取り組んでいく方針です。

詳しい研究結果については、6月7日、8日に東京・東新橋のヤクルトホールで開催予定の「日本香粧品学会」で発表するそうです。

まさに日進月歩ですね。今日の化粧品の進歩は研究者たちの絶え間ない努力の結果です。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070605-00000017-fsi-ind
山口県ではこのほど、社会問題化している光化学スモッグの「発令情報メール」サービスを開始しました。情報をいち早く知ってもらい、光化学スモッグに対処してもらうことが目的。

このところの相次ぐ注意発令もあって、4月のサービス開始以来登録数が約200件になったものの、行政関係者がほとんど。県では、もっと県民に活用してほしいと呼びかけています。

県の発令は濃度に応じて「情報」「注意報」「警報」「特別情報」にわかれ、特に「注意報」「警報」になると屋外での激しい運動や乳児、高齢者の外出を避ける必要があるため、メールサービスの導入を決めました。

光化学スモッグは、日差しが強く気温が高い気候で発生しやすく、4月~10月がもっとも多い。今年は注意報が前年の3倍にあたる12件が発令されています。

これまで、注意報レベルの発令であれば学校や福祉施設などの関係団体への連絡はしても、住民への広報呼びかけはありませんでした。しかし、多発する光化学スモックに、県はこれまでのシステムを更新。今年から一般にも広報できるインターネットで情報発信をすることにしました。

登録を希望するには、メールアドレスと情報が必要な地域を明記して、山口県環境保険センター(083-924-3673)までファックスで申し込んでください。
携帯でも見られるホームページアドレス
http://homepage2.nifty.com/yamaguchi-taiki/mobile/

健康被害が出る前に対処することが大切です。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070605-00000162-mailo-l35

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうち紫外線対策カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリは紫外線スキンケアニュースです。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。