山口県で光化学スモッグ情報のメール配信サービスを開始

山口県ではこのほど、社会問題化している光化学スモッグの「発令情報メール」サービスを開始しました。情報をいち早く知ってもらい、光化学スモッグに対処してもらうことが目的。

このところの相次ぐ注意発令もあって、4月のサービス開始以来登録数が約200件になったものの、行政関係者がほとんど。県では、もっと県民に活用してほしいと呼びかけています。

県の発令は濃度に応じて「情報」「注意報」「警報」「特別情報」にわかれ、特に「注意報」「警報」になると屋外での激しい運動や乳児、高齢者の外出を避ける必要があるため、メールサービスの導入を決めました。

光化学スモッグは、日差しが強く気温が高い気候で発生しやすく、4月~10月がもっとも多い。今年は注意報が前年の3倍にあたる12件が発令されています。

これまで、注意報レベルの発令であれば学校や福祉施設などの関係団体への連絡はしても、住民への広報呼びかけはありませんでした。しかし、多発する光化学スモックに、県はこれまでのシステムを更新。今年から一般にも広報できるインターネットで情報発信をすることにしました。

登録を希望するには、メールアドレスと情報が必要な地域を明記して、山口県環境保険センター(083-924-3673)までファックスで申し込んでください。
携帯でも見られるホームページアドレス
http://homepage2.nifty.com/yamaguchi-taiki/mobile/

健康被害が出る前に対処することが大切です。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070605-00000162-mailo-l35

このブログ記事について

このページは、uvが2007年6月 7日 11:54に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「紫外線を通さず透けない新素材を開発」です。

次のブログ記事は「紫外線による保湿力低下は酵素が原因」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。